お知らせ
2022 03/24 (Thu)
トピックス

【引越しの時に知っておきたい】いい不動産屋さんを選ぶポイント

不動産探しにはネットが使えますが、住みたい地域の不動産会社に行ってみるのもオススメですよ!

ネットでは物件の情報を見ることは出来ますが、その土地について知るためには不動産会社の方が詳しいからです。

しかし、街によっては不動産会社が多くあるため、どの会社を選べば良いか迷ってしまうことと思います。特に知らない地域の不動産会社であれば余計に悩むことでしょう。

そこで、ここでは不動産会社を選ぶ際のポイントを取り上げてみます。
お引越しのときにぜひ参考にしてみてくださいね!

実績のある会社を選ぶ

まず挙げられるのが「実績のある会社」を選ぶ点です。実績の豊富な会社は土地についても良く知っており、良いアドバイスも得られるからです。

さて、不動産会社の実績については不動産会社が掲示する「宅建業免許番号」から読み取ることが可能です。宅建業免許番号とは不動産会社が持っている管理番号の様な物で、その不動産会社が営業を開始してどれくらいが経ったかを知ることが出来ます。

例えば「東京都知事(3)第○○○○号」という番号があったとすると、番号内のカッコ内の番号が免許の更新回数を示しているので、その会社の実績を知る目安となります。ちなみに、この番号は「1」で始まり、5年単位で更新され1つずつ増えて行きます。ですから「2」が6年目、「3」が11年目、という具合です。

ただし、この番号は1つの都道府県で営業している場合と複数の都道府県で営業している場合では扱いが異なるので番号が戻る場合がありますが、多い番号である方が実績があるのは間違いないので不動産会社選びに参考になります。

営業形態で選ぶ

不動産会社には広い地域で多店舗で営業している会社と、地域に密着して小規模で営業している会社があります。

それぞれに特徴があるので、自分に合った方を選びましょう。

まず多店舗型の会社ですが、不動産業界全体で共有している不動産に強みを持っています。例としてはネットで見つけられる物件への対応。膨大な数ですがスピーディーに話を進めてくれます。広範囲から探したい人、時間のあまり無い人に合っています。

その一方で地域密着の会社には、自社管理の物や、不動産オーナーから直接委託された物件があります。その中にはネットに上がる前の物件もあり、多店舗型の会社が持っていない物件や情報を持っていることもあります。

地域とのコネクションもあるため地場の情報にも詳しいので、時間を掛けても自分好みの街と家を探したい人に合っているでしょう。

発生する費用で選ぶ

賃貸不動産の広告を見ると、「礼金無し」などの記載を見つけることがあります。その様な記載があれば入居時の初期費用を抑えることが可能となります。その様な会社は費用が抑えられることもありますので、おすすめです。

一般に賃貸不動産の場合、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料が発生してしまいます。ですから、家賃が10万円の物件に入る場合には40万円も掛かってしまい、負担するのにも大変です。

しかし、「礼金無し」の様な場合には初期費用が大きく抑えられるので魅力的。予算に余裕が出来たのならば、その分で新しい家財を買うのも可能。より良い新生活をスタート出来ます。

営業マンの対応で選ぶ

対応する営業マンで会社を選ぶことも大きなポイントです。良い営業マンの居る会社は、それだけ社員の教育を重要視している場合も多く、質の良い会社とも言えるからです。

また、良い営業マンはこちらの話を親身になって聞いてくれますし、難しい話も解決する手段を一緒に考えてくれます。そして、安請け合いはせずに、困難な場合はその旨を伝えてくれます

他にも、知らない街での新生活をスタートするならば、その街の雰囲気などまで知っておくべきです。その点、良い営業マンのいる会社の場合は地域まで熟知しているので、細かい情報まで教えてくれます。

価格交渉をしてくれる場合もある

不動産を選ぶ時、家賃などがネックになって選べない場合が多々あると思います。

例えば予算が6万円で見込んでいたのに62000円だった場合。確かに2000円くらい切り詰めれば…とも思いますが、予算オーバーのために諦めてしまうこともあるでしょう。

ところで、不動産会社によっては価格交渉をしてくれるところもあります。不動産会社の営業マンがその場でオーナーに電話を掛け、値引き交渉をしてくれることもあるのです。

ちなみに、内見の時に「2000円くらい下がりませんか」と営業マンに尋ねると応じてくれる場合もあります。タイミングによっては、その場で携帯電話を取り出してオーナーと交渉…と言うシナリオもあるからです。

まとめ

良い不動産会社を選ぶポイントを挙げてみました。

不動産会社の選ぶポイント、そして不動産会社の使い方などもイメージ出来たことと思います。

不動産取引は難易度が高い分野なので、素人には踏み込みにくい場所です。しかし、上手に不動産会社を選ぶならば、メリットの多い不動産契約が可能です。ぜひとも、良い会社を見つけ出し、より良い生活を手にしてください。

お知らせ

建築現場の重要かつ最上流の工程である「現調」の効率化のためののアプリ「GENCHO(β版)」を提供しております。サービスサイトはこちらになります。
https://gencho-kun.jp/

採用について

建築テック界をリードするスタートアップとなるためには多くの仲間が必要です!現在、エンジニアを募集しております。是非一度お問い合わせまたはご紹介頂けたら幸いです。
https://www.wantedly.com/projects/818815#_=_

現場調査、情報共有アプリ ログイン