お知らせ
2022 09/05 (Mon)
トピックス

GENCHOの導入効果を解説!|作業効率がUPする新しい現場調査のやり方とは?

現場調査が抱える課題

あらゆる施工現場で必ず必要になる「現場調査」ですが、いままでは一般的にアナログな方法で行われてきました。

しかしながら、業務の作業効率を考えていく必要が出てきた中で、見直すポイントになるのが「現場調査業務」です。

 

GENCHOはそんな【DX時代】に建設現場で働く方々の業務効率をUPさせたり、品質向上をさせるために開発された「現場調査」のためのアプリです。

今回は、そんなGENCHOを活用すると、現場がどう変わるのかをご紹介します。

また、実際に活用いただいているユーザーの皆様には導入のきっかけや、使い勝手などインタビューをさせていただいたので、そのユーザー様の声と共に「GENCHO」の魅力をお届けいたします。

 

この記事は下記のような方に向けた記事となっています

  • GENCHOを始めて知った方、気になっていた方
  • 建設現場の業務効率を上げたい方
  • 現場調査で活用できるアプリをお探しの方
  • 実際の声を知りたい方

 

GENCHOとは

現調を進めていく中で、「ポイントが多すぎて記録したものの整理が大変」と感じる皆様もいらっしゃるかと思います。

そんな方々に是非使っていただきたいアプリが「GENCHO」です。

「GENCHO」スマホやタブレット一つで、簡単操作可能な「現場調査のために作られた情報共有アプリ」です。

様々なツールに散らばっている情報を一つにまとめ、現調の効率化を促していきます。

 

 

現場調査のためのアプリ「GENCHO」の導入効果

GENCHOで施工品質を上げる

現場調査での課題

こんなお悩みはありませんか...?

作業指示が上手く伝わらず施工が進まない

納期が遅延し顧客からクレームが...

GENCHO導入後

GENCHOを導入することでこう変わります

指示が明確に伝わるため施工の品質がもっと良くなる

 

円滑で正確な進行で顧客満足度にも貢献

 

 

GENCHOで余分なコストを減らす

現場調査での課題

現調時の見落としが原因で追加費用が発生している

現調に手間取り何度も現場に足を運んでいる

 

GENCHO導入後

GENCHOを導入することでこう変わります

現調の精度向上により余分な費用をカット

現調時の抜け漏れを防ぎコストを適正化

 

 

GENCHOでより多くの現場にスムーズに対応する

現場調査での課題

複数の案件を管理しきれていない

事務所に帰ってからの事務作業が終わらない

 

GENCHO導入後

GENCHOを導入することでこう変わります

案件ごとに写真や指示書をまとめて管理 

 

複数案件登録機能

施工案件ごとに分けて登録出来るため、担当案件が一目で分かるようになります。また、施工案件を閲覧できるのは案件参加者のみで機密情報もしっかり保持できます。

 

 

 

作業指示書の作成・出力もアプリ内でカンタンにできる

写真直接編集機能

撮影した写真画像の上に直接指示内容を文章、画像で貼ることができるので、わざわざ事務所に戻ってパソコンで切り貼りしなくても写真を撮影したその場で指示書が作れます!

また、寸法(数値)や矢印を入れて、より正確な情報を伝えることができます。案件自動フォーマット化

案件自動フォーマット化  PDF・画像出力機能

登録した案件情報は自動的にPDF・画像データとしてフォーマット化するため、案件情報をまとめて見ることができ、チャットのようにいちいちスクロールをして見直す必要がありません。

また、PDF・画像データとして出力できるため、保存や印刷も簡単にできます。

 

 

SNSとの連携で外部への共有もスムーズ

 

関係者招待機能

LINEやQRコードを使って登録した案件に簡単に招待できるため、情報共有が素早く簡単にできます。

無料プランでも10件の案件登録ができますので、安心してお使いください。

 

 

まとめ

今回は改めて、「GENCHO」アプリを導入すると、どんな変化が起こるのかをイラスト付きで簡単に解説をしてみました。

活用するイメージはつきましたでしょうか?

次回以降では、実際のユーザー様の声もお届けしていく予定です。

現場調査、情報共有アプリ ログイン